水槽と家具

インドでIUCNの絶滅危惧に指定されている種が、観賞魚として流通しているという記事が出た。しかし、そもそも輸入される観賞魚のどれが絶滅危惧なのかと言われても、アロワナやハイギョのような有名どころを除いて、よくわからない。
ここ数年、夏になるたびウナギが絶滅危惧になったという話題が出るが、アクアリウムのような趣味だからこそ、持続可能性には可能な限り、注意を払う必要があると思う。

そこで、
1、国内で潜在的に流通する可能性のある観賞魚をリストアップし、
2、IUCNのレッドリストでの評価状況を把握するために、調べてみた。

具体的には、熱帯魚アトラスに掲載されている淡水生の鑑賞魚について、IUCNのレッドリスト登録状況を調べてみた。IUCNのwebサイトで学名を入力すると、レッドリストの評価状況が表示されるので、これを使ってチェックする。調べた種の一覧はGoogle docs で公開した

以下は、得られた結果の要約

IUCN Red List 掲載状況の内訳(数字は種数を示す)
【絶滅】    EX:0, EW:1
【絶滅危惧】 CR:5, EN:21, VU:26
【低リスク】  CD:5, NT:12, LC:237
【その他】   DD:28, NE:485

熱帯魚アトラス(著、山崎 浩二, 阿部 正之)に掲載されていた種のうち、IUCNのレッドリストで確認できたのは820種あった。これに加えて、学名が不明なため、レッドリストで確認できなかった種が100種ほどあった。観賞魚業界では未記載種もしばしば流通し、必ずしも学名を特定した上で流通するわけではない。また、ショップが変わると、同じ学名の種が異なる流通名で呼ばれることもしばしばあるので、今回調べた国内流通名には不十分な点が残っている。

野生絶滅(EW)の種には、Ameca splendens(アメカ・スプレンデンス)というカダヤシ目の魚が1種含まれた。ただ、この魚は日本でほとんど市場流通してないと思う。少なくとも、自分は販売されているのを一度も見たことがない。英語版wikipediaでも、アクアリストによるストックも減少傾向にあると言われている。

絶滅危惧とみなされる、絶滅寸前(CR), 絶滅危惧(EN), 危急(VU)にカテゴライズされた魚種には52種が含まれた。ここには観賞魚としても有名で、インターネットでも容易に流通が確認できる種もいくつか含まれていた。
例えば、ドワーフボティア(ドワーフボーシャ)、ダニオ・エリスロミクロン、カイヤン、アジアアロワナなど。また、マダガスカルレインボーやコームスケールレインボーといったレインボーフィッシュも数種が含まれた。

データ不足(DD), 未評価(NE)の種は、513種が含まれる。
今回、リストの掲載状況を確認できた種のうち、60%ほどはこのカテゴリーに入る。今後、分布域や生息地の状況についての知見の集積に応じて、上記のいずれかのカテゴリに割り振られる種はさらに増えると推測される。

ドワーフボーシャのように日本国内で広く流通している種が、絶滅危惧に指定されているというのは驚いた。野生個体への採集による影響を最小化することを考慮するならば、ブリーディング(養殖)が保証された種か、軽度懸念(LC)の種、というホワイトリスト方式での選択をするのが望ましいだろう。もちろん、それだけが考慮すべき、すべてではないが。

新年祝いで、二人掛けのソファを購入。
ごろ寝しながら、論文を読むのにいい感じ

合わせて使用するローテーブルも通販で注文したので、届いたらリビングは食卓とイスのセットから、ソファメインの生活スタイルに切り替える予定

http://www.amazon.co.jp/dp/B001JTP35S

IMG_1687

IMG_1690

お値段は2万程度で組み立て式だけど、ボルトの目隠しが木の鋲を模していて、単なるシールじゃないあたり、芸の細かさを感じた。

内容的には、まったくアクアリウム関係なくなってきたDIYネタのメモ。
外部フィルターの排水位置をずらそうとしたところ、ホースの長さが足りず困った。新しいホースを買って付け替えても良いけど、中途半端な切れ端があったので、ホース用のツギテを使って接続できるか、実証テストを兼ねて試してみた。

外径15のツギテで、パワーボックスSV用の16/22のホースをつないだが、問題なく接続できそう。
水漏れが怖いので、バンドできちんと固定しておく。

作ってみて感じたけど、ツギテの部分は径が違うので、異物(水草の破片など)による目詰まり、抵抗による水流減少とか予期しない影響を引き起こす可能性は否定できないなあ。そのへんは、まあ、使いながら様子を見るしかない。

2013年になりました、明けましておめでとうございます。
超絶放置中のブログですが、今年はまた地道にアクアネタを更新してこうと思います。

市販のクリップライトって、そのまま水槽に取り付けると先端が水面にふれる

アクアリウム専用の照明が高いから、購入代金けちってクリップライトで安く済ませようとした方、いません?何年かこの趣味やってると、必ず経験する道かと思います。クリップライト使うと、水位を下げるかライトスタンドが必須だけど、水位は下げたくない。だから、ライトスタンドを自作しようというのが今回の趣旨です。

完成品のデザインイメージとして考えたのは、リンク先のようなアクリル製品です。
最初はアクリルでの製作も考えましたが、加工に手間かかるわりに、強度に
不安が残るので、既成の金具を使って似たようなブツが作れないか試してみました。

購入した材料は、以下のとおり

  • 金具(短冊) 小 : 90
  • 金具(短冊) 大 : 148
  • ネジ(ボルト、ナット、ワッシャー、28本セット) : 398
  • 蝶ナット(4個セット) :100
  • ゴム板1mm厚(接着シート付) : 263

これらを下の写真のように組み合わせます。
合計で、1000円くらい。実際は同じものを2セット作ったので、1個だけなら、ネジやゴム板の費用は、もう少し節約できたと思います。

IMG_1594

 

 

 

作成手順

  1. ゴム板を短冊の金具に合わせて切る
  2. 短冊状の金具が、ガラス面と接する側にゴム板を接着(ボルトを通す穴は避ける)
  3. 2枚の大小の金具をボルトで固定する

作成して気付いた注意点など。

短冊状の金具は、ビアバッハ補強金具という名称でホームセンターに売られてました。色々な形のものがありますが、穴が平行に開けてある種類を選んでください。

上側のボルトは短冊の内側にナットを3個はめてます(ガラス厚に応じてナットの数は要調整)。これがあると、二枚の短冊が常に平行に維持されるので、蝶ナットでガラス面へ固定する際の微調整が楽になります。

水槽の内側4cmくらいに金具が張り出す。満水近くの状態で維持している人には向かないかも。

実際にクリップライトを付けると、こんな感じになります。

IMG_1591

応用すれば、60cm水槽用のライトのリフトとかもわりと安価に組めるかも。

エンパイアガジョンが入ってた60cm水槽。しかし、ガジョンがエビを捕食しまくるせいでコケ地獄になることが明らかになったので、今は水草と小型魚メインで再構築中。

入ってる水草は以下のような感じ
・バリスネリア スピラリス
・ロタラ インディカ
・ツーテンプル
・オーストラリアンヒドロコティレ
・パールグラス
・コブラグラス

生体は今はブッシープレコとローチ、チェリーバルブくらい。

こっちは、陰性水草のストック水槽

ファイヤーレッドシュリンプとメダカの育成にも使っていたけど、最終的にこちらへガジョンを移そうと思う。時間を見つけてすべての生体を引越しさせねば・・・

アップにするとよく見えるけど、糸状のコケが結構、繁茂してる。
このへんも近日中にはトリミングしてきれいにする予定。

せっかく一眼レフとマクロレンズを買ったのに、あまり写真を撮る練習できてない。これまで使っていたDP2sとは、重量バランスも、センサーとレンズの特徴も、まったく違う。慣れるまでには練習しておかないと、現状ではピンぼけ量産状態。

速い魚をうまく撮れないので、まずは泳ぎのとろい金魚で練習している。

うーん、カメラのスペックをぜんぜん引き出せてない感じがするなあ。
もっと練習せねば・・・

 

京都水族館の写真その3。

大水槽を通過すると、珍しい種類や熱帯性の魚が個別飼育された展示コーナーがある。
その一角に、海産無脊椎動物も展示されていた。

イセエビと同じ仲間のニシキエビ

この写真だと大きさが伝わらないけど、体長は大人の腕くらいある。でかい

国内でも何カ所か飼育してるところがある、オウムガイ

生体を見るのは、初めてだったのでテンション上がった。

こやつら近い仲間のイカ・タコに比べると、圧倒的に動かない。背景が真っ黒なのもあって、ここだけずっと時間が止まっているかのように、ただ浮いてる。

ミズクラゲが大量に浮かんでいる水槽は、幻想的な光景。
ミズクラゲ自体は、決して珍しい生き物じゃないけど展示のセンスが光る。

これはたぶん、カサゴだったと思う。くりくりの目玉がかわいらしい

独特な体型のマツカサウオ。生体発光したりといろいろ特色があって、あちこちの水族館で飼育されてるんだけど、自分はいまいちこの魚の魅力がよくわからぬ。

イシガキダイが海藻にくるまって、泳いでた。
これ、ホンダワラかな?

展示をすべて抜けると、最後は喫茶スペースがあってその前は和風庭園になっていた。とはいえ、植栽された木は十分に育ちきってなく、棚田にはまだ何も植えられてない。オープンしたばかりの水族館でまだまだ未完成な部分もあるけど、一年くらいしたらまた遊びに来て変化を楽しむのも良さそうだ。

 

関連する記事

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

京都水族館の写真その2。

今回紹介するのは、アクアリウムとしてはメイン展示になるはずの海水大水槽。
1 〜 2 階を吹き抜けにして作られてる水槽なので、開放感がある。

天井のライティングが良い感じ。タカサゴの群れが泳いでいる

水底にはハタ科の魚が何種か泳ぎまわる。上はクエで、下はアカハタかな?
大水槽はいろいろな魚がいるのを探してみて回るのが、楽しい。

他にもいたけど、写真に撮ったのはこれくらい。


水槽前で待っていると、館員のダイバーさんが餌を配って回ってた。
こういうアトラクション盛り込むのもアリかもね。

関連する記事

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

ページ

2017年7月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

人気ブログランキング

人気ブログランキング

日本ブログ村

観賞魚ブログ