水槽と家具

チドメグサが溶けた、有茎水草が育てやすいって本当? 水草の現状その2 【アクアリウム】

Posted on: 5月 22, 2009

自分は、立体的な構造に対しての感受性が周りの人より少しだけ強いのかもしれない。中学や高校で模型に入れ込んでいたときもそう思ってましたし、アクアリウムに興味を惹かれるのも同じ理由がたぶん根底にあります。アクアからインテリアに興味が派生していったのも当然のことだったでしょう。また、学問の中では統計学に興味を強く惹かれるのも、それが多次元のデータの幾何学的形態をグラフとして垣間見せてくれるからに他なりません。

それらに共通するのは、「空間の使い方」です。アクアならば、ガラスの限られたスペースの中に、流木や石、水草と魚といった異質な要素を組み合わせてかつ、人の審美眼に耐えうる「作品」としてまとめるというのは、技術と経験を要する作業です。人が作った作品を見たり、自分で手を動かしていると、空間感覚に対する意識が磨かれるのを感じます。

 

↑ ここまで全部オマケ ↓ 本題はここから

まー、ぐだぐだ言ってるのはぶっちゃけ水草が育たないからなんだけどな!
環境の問題もありそうなんで、とりあえず水換えしつつ蛍光灯追加して4灯にするかなぁ・・・

bacopa

ウォーターバコパ(Bacopa caroliniana

新宿のAQUA FORESTという店で3種980円に釣られて買った水草の一種。肉厚の葉っぱで、ほとんど垂直方向にしか伸びないらしいです。じわじわと成長しているのですが、あまり速度は早くない。

20100301追記:
枯れてなくなった

s_valis 

スクリューバリスネリア(Valisneria var.biwaensis

上とセットで購入しました。スクリューバリスネリアは野外で採集したものを植えていて、最初のうちはわりと増えてたんですが、段々勢いがなくなってしまいました。この手の細長いタイプの水草はわりと好き。水面まで伸びて、たなびいてると見栄えがしますが、放置しておくとヒゲゴケが蔓延しやすくなってしまうのが難点。

20100301追記:
枯れてなくなった

hydro

アマゾンチドメグサ(Hydrocotyle leucocephala

えーと、既に葉がぼろぼろになっているのがお分かりでしょうか。この種類も初心者向けって事なんですが、どうもうまくいかない。以前にも試したことがあったのですが、その時も今回同様まったく成長せずに溶けてしまったんですよね。他の水草はそこまで急激にダメになることはないので、何がいけないのか本当になぞです・・・・・・

20100301追記:
枯れて葉がなくなった茎を、ベランダに放置

発泡スチロールに移してもう半年。生存確認はしばらくしてない・・・・・・ここで紹介した3種の水草は基本的に、ことごとく討ち死にしてしまいました。東京に出て水質が変化してから、バクテリアがまだこなれてなかったのが原因ではないかと思ってるのですが、原因は謎です。

最近、さらに水草を追加したけどそれはまた別のお話。

 

 

関連する記事

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ページ

2009年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

人気ブログランキング

人気ブログランキング

日本ブログ村

観賞魚ブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。