水槽と家具

新潟市の風景写真、夕日はきれいだよね・・・

Posted on: 7月 25, 2009

気づいたら、ブログに投稿するのをすっかり忘れてました。いやいやいや

004

先週行った新潟でちまちまと写真を撮ってきたので紹介します。

皆さんご存知の事だと思いますが、新潟は日本で一番ロシアに近い国で、上記の写真の通り、行き詰った経済情勢のように一年中厚い雲に閉ざされています。そらもー、天気と言えば曇りか雨だけです。この写真を撮ったのは午後二時ですが、ご覧のように夕方と見まちがえるほど薄暗いのです。

(* 冗談です、実際はたまたま初日の天気が荒れてただけで、普段はここまで酷くありません。でも、慢性的に天気が悪いのは日本海側共通の仕様だがな!)

003

そして、雨がもたらす一面の肥沃な黒土がはぐくむ小麦もとい、コシヒカリ。

まあ、豪雪・水田・地震・原子力のイメージで定評のある新潟県ですが、
新潟市内はわりとビルが密集してたりします。まあ、高層建築物の密度で言ったら東京と比べるべくもないのですけどね。というか平成の大合併の結果、水田面積日本一の政令指定都市になったりしてるので(参考資料、Wikipedia:新潟市の項目)

人口密度は・・・・・・推して図るべし

でも、むしろ人が少ないのすげーー良い!!
( → 東京1年目ですが、やっぱヒトゴミは苦手なままなんで )

 

人口密度の低さに対して、東京から新幹線で1時間半という立地のためか、メジャーな服飾・雑貨ブランドは大体、駅前周辺のビル(Lovela万代、Laforet原宿新潟、あと服買うなら新潟With)に入ってるので買い物に困ったことはないです。自分が買ってる服のブランドとかは大抵、新潟でも揃えられます。

あと、自分の趣味の話になってしまいますが、新潟はアクアショップが多いです。A○Aの本社も市内から車で30分くらいのところにあるしね。今回も新しく海水魚をメインにしたショップが出来てたので、見てきました。

アクアショップが多いのは、養鯉場が中越で盛んだった名残りかもしれません。

019 017

左 新潟市中心市街にあたる古町周辺の景観
右 日曜の午後5時頃の古町周辺の通り、東京と比べると人影の数が・・・・・・

 

027

どこの地方に行っても車は必須なものですけど道路については、道幅が狭かったり、くねくねとした山道だったりして散々だったりしますが、新潟は違います。

ひたすらぶち抜きの直線がはてしなく続きます。写ってる道路は沿岸部を走る通称シーサイドライン。この道路から15分ほど内陸に入ると、これまた市内を完全に横断するバイパスが別にあります。片側2車線・制限時速80kmの一般道なんてありえねーよ、どこのアウトバーンだ。いやはや、田中角栄おそるべし。

 

024

住んでる間は、二度とこんな土地に住むか!という感じでしたけど、新潟を出て戻ってみると案外悪くないなーという印象を覚えます、6年間も住んでれば郷愁と似たようなものさえ感じるようになりますね。

でも、今は良いのですけど冬の新潟って寒いんですよねぇ。
海風すごいし、シャーベット状の雪は降るし、ずっと空が晴れないし。

それでもまあ日本海に沈んでいく金色の夕日を眺めてると、まあいっかと思えたり。
(いや、でもよく考えると冬は夕日もほとんど見えないそ・・・何かだまされてるような?)

 

関連する記事

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ページ

2009年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

人気ブログランキング

人気ブログランキング

日本ブログ村

観賞魚ブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。