水槽と家具

淡水魚の産地偽装のニュースにかこつけて。希少種の飼育って 【生物学】【アクアリウム】

Posted on: 11月 7, 2009

2009年11月1日付のニュースで、産経新聞が以下のような記事を掲載してます。

【衝撃事件の核心】レアな淡水魚を産地偽装 会社員の危ない“副業”

環境省が絶滅危惧(きぐ)種に指定している淡水魚「イチモンジタナゴ」を、捕獲が禁止されている滋賀県の琵琶湖産と偽って、ネットで販売したとして不正競争防止法違反(原産地の虚偽表示)の疑いで埼玉県伊奈町の会社員、中根弘倫容疑者(40)が滋賀県警に逮捕された。中根容疑者は自宅で、国が捕獲を禁じている絶滅危惧種で天然記念物の淡水魚「アユモドキ」や「ミヤコタナゴ」も無許可飼育しており、文化財保護法違反容疑も持たれている。

いやもー、どっから突っ込んで良いのやら。

この人を擁護する気はまったくないが、この機会に希少な淡水魚の採集と飼育、また飼育者としてのモラルについて思っているところを書いてみる。まずは用語について、少し触れておこう。


  • 絶滅危惧種


    環境省がまとめたレッドリスト(*1)のカテゴリー。現在の生息地の状況などから将来、絶滅するリスクが高い種を指定したもの。種の保存法(*2)の指定種や条例で禁止されていなければ、採集・飼育に罰則はない

  • 天然記念物

    文科省の管轄で文化財保護法に基づいて指定(*3)。博物学的に珍しいもので、動植物だけでなく地質・鉱物なども対象になる。文化財なので当然、許可が無い限り採集等は禁止。

以上のように絶滅危惧種の採集や飼育は、法的な罰則のないグレーゾーンとみなすこともできる。絶滅危惧種を個人が採集・飼育することは、社会的に容認すべきではないのだろうか?
こうした記事で槍玉に上がるのは、コレクターと密漁者である。しかしながら、自分の経験から言って、これらが悪だという一方的な主張には疑問を覚える。

 

まずは、コレクターについて考えてみたい。

日本産淡水魚の飼育経験がある知人は何人かいるが、彼らは魚を含めた生態系と人間の影響に、強い関心を持っていた。興味の対象が喪失するのを恐れるという点で、魚と利害を共有している。多くの人にとって河川の護岸や浚渫、砂防ダムといったものは、単に景観問題でしかないが、魚にとっては死活問題である。
見慣れない動植物に興味を持ち、手元において観察してみたいという抑えがたい欲求が、飼育を趣味にする者にはある。自然に対するセンスオブワンダーが、生物学の根源的な推進力でもあると自分は思う。絶滅危惧種の採集を学術的な研究や保全目的に限るべきという考え方もあるが、 そうして隔絶された「自然」に、当の私達人間はどのような価値を見出せるだろうか。

断っておくが、希少種の採集や飼育を奨励する意図はまったくない。希少か否かに限らず、生物を飼育するという行為そのものは、究極的には自分の好奇心/所有欲/審美眼を満足させるというエゴイスティックな感覚に根ざしていることを飼育者は忘れるべきではない。

 

淡水魚の売買は悪か

淡水魚の採集・販売業者への批判が、愛好家の間でしばしば起こる。ナショナリズムじみた自然保護感情など清濁まぜこぜな印象だが要点は一つ。商業主義がまかり通ると種が絶滅する、とまあこれ自体は一般論として正しいと思う。象など大型動物の保護では間違いなく正しいし、マグロなど漁獲される魚種も同様の傾向がありそうだ。

しかしながら、これが淡水魚でも同様かというと・・・絶滅危惧種に指定され全国紙で報道された数少ない魚種であるメダカを例に説明しよう。メダカは3ヶ月で性成熟を迎え、野外の寿命は一年しかない。短い死亡-繁殖のサイクルは年間の個体数の増加が早い反面、生息環境の改変による影響を受けやすい。一度繁殖に失敗すれば、即全滅のリスクをせおっているから。こうした魚種では、採集よりも生息地の改変の方が重要になってくる。そして、日本の淡水魚種約300種のほとんどは1~2年で完結する生活史を持つ種類なのだ。淡水魚の売買はホームセンターなど人目につきやすいため、批判に遭いやすいが、潜在的な影響力という点では他の要因(河川や圃場整備などの環境改変、生息地の消失、国内・国外の外来種の侵入)に比べて小さい。

コレクターのところでも指摘したが、人間との関係性を放棄したところで「自然保護」は成り立たない。それが例え、ショーギョー主義による金銭に基づく関係性であれ、無いよりマシだ。人間の影響で絶滅しかかっている淡水魚の多くは、そもそも彼らの存在が人間にとって「透明」だからである。体長数cmで食用その他の経済的価値もなく、河川の流路や用水次第で生息地の分断が簡単に生じ、さらに中流から河口域のアシ帯などを主要な生息域とする淡水魚の多くが、耕作を行ったり都市を建設したりする人間と土地要求というニッチにおいて競合関係にある。それがもたらすシンプルな帰結が、強者による一方的な搾取(=絶滅)に他ならない。

ホームセンターで死んだまま放置され真っ白になった状態で他の個体からつつかれている魚の死骸は、私達人間に対して良き教材、警告の役割を果たすだろう。

 

絶滅を危惧するのは誰か

絶滅危惧種、1万7291種に 09年版レッドリスト

国際自然保護連合(IUCN)が3日発表した2009年版の絶滅危惧種リスト(レッドリスト)で、絶滅の恐れがある生物が前年より363種増え、1万7291種に達したことが分かった。

日経新聞の記事のとおり、人間の影響による種の絶滅とは現在進行形で、世界中で続いている問題である。ほとんどの動植物は人間と直接の利害関係など持たない、路傍の石と同じである。だからこそ、自然の保全においては、無知と無関心こそが最も厄介な敵なのである。

 

関連する記事

広告
タグ: ,

コメント / トラックバック9件 to "淡水魚の産地偽装のニュースにかこつけて。希少種の飼育って 【生物学】【アクアリウム】"

禁止するから違反行為となるので禁止しなければ合法となる。無許可で飼育するのが違反行為なら飼育能力があれば許可すればいいだけ。なぜ禁止するのか?疑問である。

・個体数が少ない
・生息地が限られる
上のような条件に当てはまる動植物の採集や取引・飼育を罰することで法的な抑止力を期待することは正しいと思います。レアというだけで、欲しがるコレクターが一定数いるのも事実ですから。

そうでない野生生物に関して、採集や飼育は一律禁止だとか、そういった行為自体を否定するような風潮には対抗すべきかと思います。

昔は雑魚だったものが人為的な環境変化によって個体数が減っているだけのこと。養殖すればいくらでも繁殖するものを飼育を制限しているから個体数が増えないだけ。増やそうと思っても増えない種と同じように扱うのは行政の不作為です。みんなで飼育繁殖させれば絶滅の心配などまったくない、タナゴ類はね。

単に観賞魚の側面だけを見るならタナゴ類には観賞価値もありますから、アロワナのように飼育下での繁殖個体を証明すれば取引OK、とすれば良いんでしょうね。ブリード物が安定供給できるなら、野生個体を採集して販売する必要性もないですし。

とはいえ、飼育下で養殖できたとしても野生集団は無視できないでしょう。
生物を保護するのは、野外の環境で個体数を十分に維持できて、はじめて意味があると思います。養殖で個体数を維持できても、実際の野外環境から切り離された個体しか存在できないなら、それは野生絶滅です。剥製や標本だけ残ってる状態と何ら変わりません。

ではなぜタナゴなどの日本在来種が絶滅の危機に遭遇しているかと言えば、その原因は種々ありますが大きな要素として外来肉食魚の蔓延があります。
その他に河川の改修による環境の変化など、でもこれらの原因は人為によるものです、しかも行政のね。それなのに国民による捕獲や飼育を禁止すればそれらの問題が解決するかのようなおかしな規制をするのは間違いです。おなじ自然界の生物であるアユは養殖放流によって絶滅を免れています、これらの状況を正しく理解し対策をとる義務が行政にはあります。もちろん外来種駆除も含めて生息環境の改善を急ぐことです。
http://ikemidoujou.com/bun/mougen/mougen32.htm
おかしな規制を解除しだれでも飼育繁殖させることができればミヤコタナゴやイタセンパラもどこにでもいるただの雑魚になります。
検挙された素人の愛好家でも繁殖できるほど容易なことです。むしろ専門家と言われているおかしな知識人より繁殖は上手でしょう。

うーん。生息環境の改善さえ行えば、放流なんてしなくても十分だと思いますが。
たもんさんは飼育繁殖した個体を再放流する必要があると、お考えですか?

飼育繁殖した個体の再放流を推奨することは、メダカの地域個体群で起きている遺伝的撹乱と同様の現象を引き起こすでしょう。それによって、不可逆的な影響を野生集団へ与えることになります。一般的に淡水魚は地理的な分断を受けやすいので、同種でも数十万年単位で遺伝的に隔離されてることが普通にあります。
また、本来はその種が分布してない地域に放流が行われ、新たな国内移入種を生じる可能性も極めて高いでしょう。

人間の管理下に一度置かれた個体を野生環境へ戻すことは、慎むべきです。

>人間の管理下に一度置かれた個体を野生環境へ戻すことは、慎むべきです。

でもアユは養殖稚魚を河川に放流しています。養殖魚であっても自然界で生育できることが確認できれば放流はいいと思います。また現在での課題は生息環境の改善がほとんど出来ない状態であることです。ブルーギルなどの肉食外来種の速やかなる駆除が必要です。それが不可能なら閉鎖された環境での愛好家の飼育繁殖を認めるてもいいと思います。遺伝子撹乱などの弊害が予見されるならそれを防ぐ方法として必要なら許認可制度を確立してからでも。もちろん違反者には罰則規定も備えて。

自然保護の観点で、放流が適切な手段と言えない理由は2つあります。
・ひとつめは、新しい国内移入種を生みかねないリスクです。
過去のアユの放流では琵琶湖で採集された仔魚の放流が行われており、アユに混じって混獲された多くの魚種が、本来自然に分布してなかった東日本や九州へ移入して、定着したことが明らかになっています。その中には、琵琶湖にしか分布してなかったワタカやハスも含まれます。

・ふたつめは、養殖個体を放流することで野生集団が持つ遺伝的組成に影響を与える点です。
例えば、ある水系の魚を繁殖して同じ場所に放流しても、親となる個体数は野外に比べて圧倒的に少ないでしょう。遺伝的に均質な個体ばかり増やして放流するので、野生集団の遺伝的多様性を消失させることになります。また、飼育下で繁殖させる行為自体が、「自然下に存在しない飼育環境に適した個体を選別して増やしている」ことにも注意が必要です。

以上のように、放流は食用魚の種苗生産としては有用な方法なんですが、絶滅しかけてる生物の保護には適しません。外来種の駆除を含め、生息地の環境を整備 / 維持して個体群の回復を待つ、というのが生態系保全の基本的なセオリーになります。特に魚については、環境さえ良ければ短い時間で回復できる種類も多いですしね。

飼育の話に戻りますと、
希少な種について、ブリード個体の飼育のみ法的に許可するっていうのはアリだと思うんですよ。何でもかんでも規制するのは、レア度を高めるだけで違法な採集・売買を助長するだけですし。観賞魚は天然記念物とワシントン条約を除けば、ほとんど法的な規制がないのでマシですが、鳥や爬虫類の動向を見てると普通種でさえ採集・飼育許可しないよう規制強化してる方向にも見えるので、将来、魚に飛び火してこないかと、いち飼育者として不安を覚えます。

在来種の保護にしても、外来種の駆除にしても、自分たちのような愛好家がこれからは、政治家や行政に声をあげて動かしてかないといけませんね。飼育は自分たちが好きでやっていることですから、それをずっと続けることができるよう社会を整備していくのも、自分たちの責任かと思います。

そのとおりですね。愛好家や業界団体なども協力して禁止一辺倒な施策の見直しを働きかけることが大切と思います。ミヤコタナゴやイタセンパラは天然記念物指定を解除しブリード固体なら誰でも飼育ができるように法整備すれば絶滅は防げるし、犯罪者もでなくなり、産業育成にもなり万事めでたしとなるでしょう。それにしてもブルーギル問題を棚上げにしている国や地方の行政のやり方は原発のやらせ問題となんら変わらない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ページ

2009年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

人気ブログランキング

人気ブログランキング

日本ブログ村

観賞魚ブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。