水槽と家具

リサイクル可能な未来エネルギー? マグネシウム文明論 【経済】【読書メモ】

Posted on: 1月 12, 2010

本書は、Wired Vision で連載された記事「世界は、石油文明からマグネシウム文明へ」で紹介されていた内容がまとめられたものだ。

原題 マグネシウム文明論
著者 矢部孝, 山路達也
出版 PHP研究所

脱石油に向けて世界が動き始めた。

オバマ大統領が提案したグリーンニューディールや鳩山首相のハトヤマイニシアチブなど、クリーンエネルギーや環境コストの低い技術への投資が国際的に加速している。著者は次世代のリサイクル可能なエネルギー源として、金属のマグネシウムを利用するよう提案している。

高速増殖炉もんじゅの事故で有名になったナトリウムと同様に、マグネシウムも空気中で酸素と反応して燃焼する。その際に同じ質量の石油を燃やした場合の70%程度の熱量を得られるという。エネルギー源としての潜在価値は十分にある。

ただし、燃料としての実用化にはいくつものハードルがある。

現在、マグネシウムは石炭を使った精錬コストのせいで市場価格が高い、「燃やす」など考えられないのだ。ただし、マグネシウムそのものは海水中に豊富に存在している。そのため、砂漠や乾燥地域で淡水精製事業の「副産物」として回収し、流通量を増やせば価格が下落して燃料として普及できるようになる、というのが著者の目算だ。もう一つの解決すべき問題は精錬コストだ。マグネシウムは自然下では、酸化物や塩化物といった化合物の形でしか存在しないため、金属単体に分離しなければならない。

著者らは、この精錬にまつわる問題を太陽光で解決しようと考えている、それもとてもユニークな方法で。単に太陽光発電のような電源として使うのではなく、媒質を使って太陽光を直接励起レーザーに変換するというのだ! ソーラ・レイか!

いやいや、冗談はさておき。
この技術はマグネシウム以外の金属精錬にも応用が効くというところが興味深い。

太陽光と取り扱いが容易な個体燃料という組み合わせは、かなり現実味のあるプランに思える。淡水精製事業からマグネシウム循環社会までのロードマップを見ると、良くできたSFの設定のようだ。しかし、実現に当たってのハードルがまだあるように思える。自分がボトルネックになると考えたのは淡水化事業だ。これが回らなければ、そもそも元手のマグネシウムが手に入らない。

人口増加と経済成長に伴って、水需要が逼迫する国がさらに増えるのは間違いない(*1)。その着眼点は間違ってないが、最も水を消費する産業は農業だ(*2)。この分野では、例えば水の消費を最小限に抑える効率的な点滴灌漑といった技術が実用化されている。こうした農業技術への投資と淡水精製事業への投資との間には、水需要をめぐって一種の競合関係があると言えるのではないだろうか。また降水量がある程度存在する地域ならば・・・古典的な方法であり、環境に対する様々な弊害も存在するが・・・ダムの建設という選択肢も存在する。

つまり水需要が逼迫した国が、海水から淡水精製という選択肢を必ずしも取るわけではない、という点が問題なのである。どの選択肢を取るかは、降水量などの環境や経済状況、食糧需給、先進国の技術提供といった複雑な要因に左右されるだろう。

しかしながら、この本で感心したのは、淡水精製事業、マグネシウムの利用、太陽光励起レーザーといったそれぞれの技術が、別個の経済的ニーズを備えている、という点である。どれか欠けてもダメ、というわけではなく、どれか伸びれば一緒に他の実用性も伸びていく、というポジティブフィードバックの関係にあるように見えた。もし、マグネシウム文明が実現されなかったとしても、ここで提案された技術とイメージは今後、様々な人に影響を与えていくだろう。

そういう「新しい世界観」を提供したという意味で、これは単なる技術解説書というだけではなく、優れたSFであると自分は評価したい。

広告

1 Response to "リサイクル可能な未来エネルギー? マグネシウム文明論 【経済】【読書メモ】"

[…] This post was mentioned on Twitter by Tatsuya Yamaji, Mg Civilization. Mg Civilization said: 書評ありがとうございます!RT リサイクル可能な未来エネルギー?マグネシウム文明論 « 水槽と家具「この本で感心したのは、(中略)それぞれの技術が、別個の経済的ニーズを備えている、という点である。」 http://bit.ly/6suHZo #mgciv […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ページ

2010年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

人気ブログランキング

人気ブログランキング

日本ブログ村

観賞魚ブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。