水槽と家具

にいがた酒の陣2010、参加レポート

Posted on: 3月 15, 2010

014

昨日に引き続き、酒の陣について。このイベントは新潟県酒造組合によるものです。今回は新潟県内約90の蔵元がブースを出展しました。公式サイトによると、動員数は2日間で約87000人とのこと。道理で、人いっぱいなわけだわあ。

 

030

法被を着てるのが蔵元の人達。今年の新酒が試飲できます。2日間、1500円で試飲し放題。

あくまで「試飲会」なので、パンフレットには酔っ払わない程度に節度をもって飲みましょう、という趣旨のことが書いてますが(酒の試飲は本来、酔って味が分からなくなるのを防ぐため、嚥下せず吐く)、アルコールの重力に引かれて立ちあがれなくなった方々も最後はいました。

 

045 
なぜか、めぞん一刻とタイアップしていたふじの井酒造。

作者の高橋留美子が新潟出身だから?

046

こういうパネルがあると、ついしげしげと眺めてしまう。

出荷量1位の兵庫に比べると、3分の1しかない新潟県が一人当たり消費量だと全国一位、日本酒は昔も今も地産地消なんだろうねえ。兵庫は県外への出荷が多いのだろうな。

こんなところかなあ。途中で酒飲んだせいで、会場の写真をあまり撮れてない。あと、自分は酒に詳しくないので、蔵元の細かい説明とかもできないのだよね。

まあ、酒が飲めない人でもお祭り気分が味わえて楽しめるんじゃないかと思います。
和太鼓が来てたり、昨日も書きましたけど日本海の食材が堪能できます。

013

021 

 

 

これは二日間の戦利品。とは言っても、この酒のほとんどは友人からの預かり物なのだ。
しばらくはうちの冷蔵庫で保存しておくことになる・・・・・・

010
試飲した酒で気に入った物があれば、ほとんどその場で購入することができます。

001

自分が買ったのはこれ。

宝山酒造の甘酒と魚沼酒造の天神囃子という酒の生原酒。早速、開けて晩酌したい気分だけど参加できなかった友人もいるので、次の飲み会の機会まで我慢しようと思います。

089

日が暮れるので帰りましょう。

 

 073

信濃川にかかる萬代橋

 

関連する記事

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ページ

2010年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

人気ブログランキング

人気ブログランキング

日本ブログ村

観賞魚ブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。