水槽と家具

シグマDP2sのユーザーインターフェースはもう少しどうにかならんかったのか? 【経済】

Posted on: 4月 16, 2010


閃燈第一閃:Sigma DP2s / Adikos
クリエイティブ・コモンズ 表示 3.0

今月の給料で、シグマDP2sの購入を検討している。GANREFというカメラのサイトを見るとDP2sの作例は本当にきれい。だけどこれって、どこからが使う人の「技術」で、どこからが「カメラの性能」なんだろう・・・それが分からん人は手を出すなってことかもしれん・・・
むう。ま、踏ん切りが付かんかったらRICOHのCX3に日和るという選択肢もあるか。

実機を触ったけど、今使ってるCanonのIXY70と比較するとまあ、ユーザーインターフェース(ボタン回りを含める)は劣るわけでもない。そう。あんま変わらんのだ、うーん。
DP2sは今年の3月に新発売されたばっか。今のコンデジは5年前、型落ちを買ったもの・・・しかし、差がない・・・。元々、シグマは一眼レフ用のレンズ販売が主力でコンデジを売るようになったのは、2008年からと、つい最近の話だ。だから、光学屋としては40年と充実した壮年でも、ソフトウェアの歴史はまだよちよち歩きということなのだろう。

Amazon KindleのハードウェアとUIをもっと洗練されたデザインを外注しろ、という趣旨の記事がCNET Japanに載ってたけど、全く同じことがシグマのコンデジにも言えそう。他のコンデジと比較するとUIのやっつけっぷりが、ちょっと悲しくなる、ベタ塗りの矢印とかやめて。せめて影で立体感つけてくれぇぇぇ・・・あと、FOVEONという特殊な撮像素子を使って画像の美しさが売りなら背面液晶はせめて40万画素にならなかったんでしょうか・・・無理ですか、そうですか。

うーん、この手のユーザーインターフェースの開発がアンドロイドみたいにオープンソースで出来たら面白そうだなあとちょっと思った。最近は、ファームウェアのアップデートも普通に行われてるし、PCみたいにハードのUIをいじれたら面白そう。Googleがその辺を一発ぶち上げてくれないかなあ、OCRとかGoogle Googlesとか、光学的な仕事もやってるんだし。

とまあ、UIについて文句を書いたけど今使ってるコンデジと比べて、さほど不便はなさそうだから、たぶん買いそう・・・あ、カメラ好きの友人からメモリーカードへの書き込み速度をチェックしとけと言われてたのに、忘れてた。今度、もっかい試してこようっと。

20100516追記:

なんだかんだで買いました。
レビューは以下の記事で「DP2sのレビュー、とりあえず飼育魚を撮る

関連する記事

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ページ

2010年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

人気ブログランキング

人気ブログランキング

日本ブログ村

観賞魚ブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。