水槽と家具

DP2sのレビュー、とりあえず飼育魚を撮る 【アクアリウム】

Posted on: 5月 15, 2010

なんだかんだ文句を言いながら、買ってしまったSigma のDP2s を今回は紹介

製品の外観

IMG_0002

付属品一覧。

IMG_0003

カメラ前面は本体からレンズがにょっきり飛び出す。「コンパクト」ではないけど、カメラらしい「ごつい」フォルムは嫌いじゃない・・・あ、でも本体はプラスチックなので傷つきやすいかも。

IMG_0013

背面はこんな感じ。

IMG_0012

右肩には、マニュアル・オート・動画を切り替えるダイヤルと焦点調節のダイヤルがある。

0.4とか数字が振ってあるのがそれね、シャッターに指をかけながら焦点をいじれて便利。店頭で初めて触ったときは銀塩でもないのに何故フィルムを巻き取る必要があるんだろうと盛大に勘違いしたけどね。

IMG_0015

前に文句を少し垂れたけど、UIはかなりシンプルなデザイン。

IMG_0018

実際に写真を撮ってみる

これまで使ってたデジカメと、どこが違うか比較するために同じ構図でギギを撮ってみた。

上 Canon IXY digital 70
下 Sigma DP2s

compare

素人目にも分かった違い、

  • ピントを合わせたところ以外のボケ味
  • 色彩の階調がはっきり出る(特に黒は顕著)
  • 実際に目で見えた色に近い色味になる

いくつか写真を撮って驚いたのは色の鮮やかさ。そこが、DP2sの売りでもあるけど23万画素の液晶で見ても明らかにこれまでのコンデジとの違いが分かる。

でも、まだぜーんぜん使いこなせない。
でも今後、撮影技術が成長することを期待して記録を残しておく

30cmtank

baltery

nana

魚にピントを合わせるのに苦労する。
撮影時の距離感覚をつかめるともっと改善すると思うけど、今はこの辺で限界。

roach

pgulumy

shrimp

接写の機能はないので(最短28cm)、エビやプレコを接写するには向かないかも。
アクセサリーのクローズアップレンズを買う必要がある?

関連する記事

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ページ

2010年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

人気ブログランキング

人気ブログランキング

日本ブログ村

観賞魚ブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。