水槽と家具

水草初心者のレポート・前半 【アクアリウム】

Posted on: 10月 15, 2010

動物はともかく、これまで植物を育てたのは夏休みのアサガオとプチトマトしかなかったが、水草水槽に挑戦することにした。5月から水草水槽をはじめて、はや5ヶ月。

トリミングが必要なくらい順調に水草が育ってきたので、これまで起きた紆余曲折について、まとめ記事を書こうと思う。記事中には、当時に書いた記事へのリンクも貼っとく。他の初心者の人の参考になるか分からないけど。

内容は以下のような感じ。

1. 濾過の立ち上げとPHショック
2. 消えない白濁
3. 発酵式CO2の投入とコケの爆殖
4. コケ取り兵器投入

【設備】
水槽:EHEIM EJ-60
濾過:EHEIM 2213 クラシックフィルター
濾材:サブストラット+エーハイメック
底床:大磯砂(酸処理)
照明:18W×4 → 18W×2 + 23W×2

↓ 立ち上げて水槽を植えた直後の写真、背景はまだまだ黒い


1. 濾過の立ち上げとPHショック

 

陰性水槽にするつもりだったので、これまで増えた実績もあるウィローモス・クリプトコリネ・ミクロソリウム・アヌビアスなどの頑丈なメンバーでスタートした。水草水槽と言えばソイル!という、初心者にみんなが勧める王道を無視して酸処理した大磯砂で挑戦した。

他の水槽の飼育水を流用したから、濾過はそんなに気にする必要ないだろうと軽く考え、立ち上げ直後からどんどん水草を追加したのだが・・・・・・すごい勢いで枯れた。一晩で、PHが5.0くらいまで急降下した。

* ソイル:火山灰や土壌などを焼き固めて粒にしたもの、肥料分と水質安定効果がある

実に残念な状況である、まだ立ち上げ1週間。まさに前途多難!

2. 消えない白濁

立ち上げて、1ヶ月が経過した頃。枯れた水草の代わりを追加して何とか安定してきたが、代わりにもくもく白濁が発生。換水しても、なかなか消えなかい、たぶんバクテリアが異常繁殖してたのだと思う。立ち上げ直後に盛大に水草が溶けまくったので、有機物は大量に溶けてたと思うし。

白濁も落ち着いた7月頃には、ニムファの水上葉が出たりして、水草を育てる楽しみが徐々に味わえるようになってきた。この時期、とにかくニムファがイケイケ(死語)で勢力拡大してたなあ・・・

長くなってきたので後半に続く

関連する記事

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ページ

2010年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

人気ブログランキング

人気ブログランキング

日本ブログ村

観賞魚ブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。