水槽と家具

生物多様性は金で買えるか? 【経済】

Posted on: 10月 28, 2010


Integrated Phylogenetic Chart / dullhunk

 

COP10 が名古屋で開かれている。生物の多様性に関する条約は、80年代から議論が始まり、1993年に国際条約が発効した。20年が経過したけど、解決に向かっているとは言い難い。生物多様性の話がややこしい数ある原因のひとつは、3つの異なる目的を内包している点だ。

  1. 生物多様性そのものの保護
    → 自然保護
  2. 生物に由来する資源の持続可能な利用
    → 農業や漁業
  3. 経済的に価値ある遺伝資源の利益配分
    → 化学物質や薬品(特許と販売)

1→3 と進むにつれ、人間の経済的価値という厄介な代物の中へ、ずぶずぶ突き進む。

ただし、1. の部分だけに議論を絞ったとしても、経済の輪の中からは抜けられない。生物多様性を保護するというのはつまるところ、それらの生物の生息地をできる限り原状のまま保護する事とイコールなのだ。都会のコンクリートジャングルでは、ライオンは生活できない。

土地、この有限なもの

自分の好きな淡水魚や水草はこれを理解するのに、わかりやすい事例だと思う。
これらの生物自体に経済的価値はほとんどない。食料や肥料に利用されることもあるが、それは全種数のうちの極めて一部でしかない。たかだか、数cmの小魚をまじめに観賞用として扱うのは、物好きな魚マニアだけ。一方、それらが生息する土地を見てみよう。

淡水生物の多様性の高い場所は、大河川と隣接する低地の湿地帯というのが圧倒的に多い。さて人間が農地や港湾として利用し、都市を作りやすい地形はどこだろう? 皆さんご想像の通り、低地の湿地帯だ。そうした土地は治水に成功すれば、農耕に最適な土壌を持つ広大な平原に置き換わる。ブラジルのアマゾン川は、パンタナールのような大湿原を持つが、経済成長に伴う森林伐採と農地開発にずっと悩まされ続けている。

東海大の鳥飼さんのサイトでみれる衛星写真から見る熱帯雨林の減少は衝撃的だ。同サイトでは熱帯雨林の減少のほかにも、規模はずっと小さいが関東平野で起こった同様の現象も紹介している。他の生物とヒトの土地利用が被ってしまった場合、開発したほうが、そうしない場合よりも圧倒的に利益は大きくなる。国連環境計画(UNEP)が全世界の湿地の経済的価値を3400億円と見積もったが、同面積の農地や都市が産む経済的な生産高とは、比較するまでもない。

人間にとって「無価値」な淡水魚類や水草を保全しようと思ったときでさえ、土地に起因する機会損失のせいで経済的な事情を無視できない。加えて言えば、そもそも一般人にまったく認知されてない(つまり、存在自体が知られてない!)生物を「保護」する意義を説明して、理解してもらう必要がある。間接的であれ直接的であれ、広告費が必要不可欠になる。つうわけで、現代的な文脈で「自然保護」を語る上で経済抜きの話なんてできんのですよ。

日本の自然保護活動をしている人達を見ていると、企業や経済活動を毛嫌いした人の声ばかりが大きく聞こえるが、結局それらを味方につけるか、経済的にねじ伏せる解決策が呈示できなければ、強引に開発へ押し切られるだけだ。美しい自然を保護するために、経済の泥海に手を突っ込まないといけないこともある。

 

 

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

 

関連する記事

広告

コメント / トラックバック2件 to "生物多様性は金で買えるか? 【経済】"

COP10などと言ってはいますが、結局は金の話。ばかばかしいものです。ウンカロアボの材料や、コンブレタスタチンの材料など、ありふれた植物が絶滅の危機に有ることなど、日本の人は理解していませんし、重要視していません。

しばらく前のつぼカビ病だって危機だと言ってもなかなか理解されていませんん。辺野古でもあそこはジュゴンが生息している場所なのに、それが報道されていません。

なさけないことです。どうかWhat is Life?(http://sammyclickpresswhatislife.blogspot.com/)を見て、感じていただけませんでしょうか。

COP10は以前取り上げました。
http://sammyclickpresswhatislife.blogspot.com/2010/10/what-is-lifecop10biodiversity-cop10.html

金の話を「ばかばかしい」で済ませてるうちは、自然環境の保護なんて無理だよ、という趣旨で書いたつもりなんですけどね。

・ナショナルトラストで土地を買い上げる
・自然保護区のレンジャーや研究者を雇う
・啓蒙活動として、書籍やパンフレットを作成する
・資源収奪的な一次産業から持続可能な産業への転換を行う

どんなことをするにしても金は必要だと思いますが、そのへんどうお考えでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ページ

2010年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

人気ブログランキング

人気ブログランキング

日本ブログ村

観賞魚ブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。