水槽と家具

巻のADAのギャラリーをのぞいてきた 【アクアリウム】

Posted on: 11月 4, 2010

アクアリウムを趣味にしているならば、どこかで耳にしたことがあるはず。
アクアデザイン天野(=ADA)のギャラリーをのぞいてきた。

新潟市の巻市外から少し離れた場所にある。高速道路の巻・潟東ICから降りてすぐ。

078

076

まずは、侘び草と小型水槽から。もう季節が過ぎてしまったけど、新緑が心地よいから侘び草は夏には良いよね。小型水槽のフィルターは、EHEIMの2211を使ってた。CO2の拡散筒も給排水系のパイプもADAのガラス製品。写真を見直してて思ったけど、ガラス器材をこんだけきれいに維持するのって、大変だろうなあ・・・

093

092

ネイチャーアクアリウムの水槽と聞いて、自分がイメージするのはまさにこんな感じ ↓

背の低い前景草+石組+小型魚、ADA社長の天野さんが、こういう岩山と草原が同居したような景色をイメージの水景をデザインするのって、新潟県の自然環境の影響を色濃く受けたからだろうなあと思う。新潟市の海岸沿いには角田・弥彦山系があるけど、この辺の景色を夏に見ると、自然が作った石組レイアウトって感じ。

100

119

それにしても、メタルハライドランプの明かりがすさまじい・・・1本250Wのメタハラが6本だから、1500W? この水槽だけで、家庭用のクーラーを全力運転する以上の電力消費するわけだなあ。ギャラリー全体ではどれだけ電力消費しているのやら・・・

それにしても、ギャラリーというだけあって水草はコケがほとんどない状態で維持されている。換水頻度とか、どのくらいなんじゃろ。もちろん、ヤマトヌマエビやオトシンクルスといったコケ取り生体もいるんだけどね。

106

これ見てて思ったのは、

・美しい水系のレイアウトを

・できるだけ手間暇かけずに

実現するには、どうすれば良いだろうかってこと。
立ち上げの不安定な時期をやり過ごして、うまく濾過が回るようになるまでが、ポイントかなあ・・・ある程度、こなれてくるとコケは出難くなるし。180cmとかの大型サイズになれば、定期的に大量換水すれば、硝酸濃度の上昇もゆるやかに抑えられるだろうしなあ。

うーん、90cm以上の大きな水槽でレイアウトを組んでみたくなってきたぞ!

撮影した水槽の縮小前の画像(重いので注意) ↓
https://neleus.files.wordpress.com/2010/11/106.jpg
https://neleus.files.wordpress.com/2010/11/092.jpg
https://neleus.files.wordpress.com/2010/11/100.jpg

関連する記事

広告

コメント / トラックバック2件 to "巻のADAのギャラリーをのぞいてきた 【アクアリウム】"

途中キジを跳ねそうになりながら運転したひとのことが書いてないーぶーぶーw
すごーく綺麗だったねぇ、新潟っぽい岩のレイアウトとアマゾンっぽいレイアウトと二種類~。今度新潟にいらした時もまた一緒しましょう。

ついでに「巻市外」× 「巻市街」○ だと思うんだけどどうよ。

ADAのレイアウトは、さすがに凝ってましたね。
大きな流木とか、レイアウト素材も充実してましたし。

水景をきちんと構図作ってレイアウトするってのもいずれ、挑戦してみたいです。そういえば、巻って合併前は「町」で「市」じゃなかったんでしたっけか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ページ

2010年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

人気ブログランキング

人気ブログランキング

日本ブログ村

観賞魚ブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。