水槽と家具

エーハイムの中古相場 【アクアリウム】【経済】

Posted on: 12月 15, 2010

最近、yahoo! オークションを見ながら、エーハイムの外部フィルターを中古で安く買えないか検討している。出てくるものを眺めていて、ようやく中古品相場がわかってきた。外部フィルターの中古品で出てくるものは大きく分けると2種類ある

  • 使用期間が1年以内のものや不良在庫などの新古品
  • パイプ類やダブルタップなど付属品が不足した、パーツ取り用

 

オークションは手間暇かかるわりに割高

前者は当然値段が高く、送料を込みにすると新品購入の8割程度のため、割安感がない。

後者は状態と付属品次第で値段は大きく変わってくる。モーターとケースの本体だけだと、送料込みで4割ほどのものもある。後者のタイプを部品販売と組み合わせたり、手持ちのジャンク品を再利用すると、安く調達できる可能性はある。

ただし、部品ごとでの購入は全体的に割高になる傾向がある。例えば、メンテを楽にするのに必須なダブルタップは、新品で購入すると最安値でも1000円。給水側と排水側の両方に付ければ、2000円かかる。これでは、エーハイム2213を新品で買うのとあまり変わらない、最安値だと、純正の濾財含めて5300円ほどで購入できるからだ。

 

 

あなたが欲しがるものは、みんな欲しがっている

エーハイムの外部フィルターの中では、2213の取引が一番多い。

クラシックフィルターには、2215や2217というもっと大型のタイプもあるが、出品数、入札数の両方で2213はトップだ。つまり、2213にはそれだけ多くの需要があるというわけ。
それゆえ、値段も新品価格から大きく下がりにくい。

Yahoo! オークションなどで中古購入する場合は人気のある2213よりも、2215や2217、さらにはその上位機種であるプロフェッショナルシリーズを購入する方が割安な場合が多い。特にプロシリーズは新品価格だと2万近いものが、5000円前後で落札されていたりと、価格ではなく割引率でみると、クラシックフィルターよりもずっとお得なことが多い。

 

 

長い目で見るなら良い買い物ができるかも?

ここまで全体的に見ると、オークションでの購入は保障もない、時間がかかる、値段も安くないと、ないないづくしなのだが、ひとつだけ良い点がある。価格帯の分散が新品よりも大きく、新品では、絶対につかないような安値の掘り出し物がたまに出てくることだ。

なのでまあ、釣りをするのと同様に、当たりがくるまで、のんびり待ち構えておけるという、気長な人にはオークションが向いてるのかもしれない。

 

関連する記事

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ページ

2010年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

人気ブログランキング

人気ブログランキング

日本ブログ村

観賞魚ブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。