水槽と家具

飼育魚の生存報告【アクアリウム】

Posted on: 3月 25, 2011

東京→沖縄の移動の最終的な被害は、オリジアスネオンブルーのオス成魚とボーシャ・ヒストリオニカ1個体に留まった。無事に旅程を生き延びた魚達の写真をまとめておく。

まずはギギ。

90cm水槽に移ってからは、のびのび暮らしているように見える。
ピンぼけだけど、珍しく泳いでる写真が撮れた。
飼い主が見てる時間帯はいつも流木の影でじーーっとしてるけどね。

 

次は60cm水槽の住人たち。
体が小さいせいか、一番引きこもり気質のオレンジフィンカイザープレコ。

エンパイアガジョンのオスは、数段でかいアーマードプレコやグラミーに対しても、果敢に餌を奪いに行く。メスの方は、もちっと気弱だけどね。

まあ、たいていは体格差で押し切られるわけだが。

アーマードプレコはこの水槽の実質的なボス。
巨体にものを言わせた突進→餌に吸い付きのコンボは無敵だ!

他の魚に対して喧嘩を売ることは全くないので非常に平和的なんだけど、糞が多くて水質を汚しがちなのが難点。水草をかじるわけではないから、濾過を充実させれば水草と両立できるかも・・・

別の45cm水槽では、オリジアスネオンブルーの若魚を育てている。
ゆっくりだけど、着実に成長してきた、体色の青さが増してきた個体もいる。

父親がいなくなった分まで、頑張って長生きしてもらいたい。

 

現状はまだストック状態なので、設備投資して飼育環境を整えていきたい。

一番気になっているのは、沖縄の水質だ。サンゴ礁の石灰岩が多いせいか、水道水でも、pHが7.5〜8.0と弱アルカリ性だった。特に水草は弱酸性の水質を好むものが多いので、今後は様子を見ながら対策を検討したい。

 
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ページ

2011年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気ブログランキング

人気ブログランキング

日本ブログ村

観賞魚ブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。