水槽と家具

Archive for the ‘ガジョン・ハゼ’ Category

沖縄本島の北部へ川遊びに行ってきた。

胴長はいて岸辺をがさがさしてたら、思わぬ獲物が採れた

タメトモハゼ

えーと。たしかに沖縄に来たからには、一度は野外採集したいと思ってた魚種ナンバーワンですが・・・心の準備がまったくできてなかったせいで感動も何もありませんでした!なんか損した気分だな。

それはともかく、体長20cmはある立派な個体でした。もう少し小さいサイズの個体が採れたら、一度は飼育にチャレンジしてみたいなあ・・・

他にも何種類か採れた、ただし純淡水魚はいなくて汽水魚ばかり。

この辺はニシン目の魚だと思うけど、同定してないので種は不明。そのうち機会を見つけて勉強しないとなあ。いつまでも「ニシン目の魚」のままで分からないのは困るし。図鑑でしか見たことない種類ならともかく、実際に手に取って見れる魚が同定できないのは悔しいし。

ボラの仲間も同定が難しい。

クロダイの仲間、鰭の色からして普通のクロダイじゃないのは確かだけど、沖縄には他に数種類いるからなあ。採集に行くたびに初めて見る魚と会えるのは楽しいけど、同定まできちんとやるのは、なかなか骨が折れる。


これも採集したのは初めての分類群、ヨウジウオが2種類。吻長がぜんぜん違うね。この仲間は形態的に個性的なのが多いので、写真からでも同定できるかもしれない。

沖縄は河川が短いせいで純淡水魚が少ないのだけど、今回採集した魚もすべて河川と海を行き来するタイプの魚ばかり。

関連する記事

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

研究で使うメダカの生息地を下見するために、本島北部へ初めて行ってきた。南部はかなり人口密度があり開発されてるけど、北部は人口密度も薄く水田や畑、マングローブ林があったりする。

調査地としては理想的な用水路を見つけたので、さっそく網を入れたら・・・

ぐっぴー

グッピー!

ぐっぴーぐっぴー!!

グッピーしか取れなかった、予想はしてたけどすげー残念。あーあー
グッピーが侵入した地域は、メダカ→グッピーに数年で置き換わるそうで、この地域はずっと前からグッピーが定着してるのでしょう。一通り水路を見てまわったところ、完全にグッピーの楽園になってました。

ところで、沖縄で野良グッピーが採れることを新潟の友人に話したら、驚いてました。本島にグッピーが定着してる話は、わりとメジャーな外来生物の話題だと思ってたのでちょっと意外。生物扱ってる人間と、一般の人の感覚の違いを感じました。
沖縄島の外来魚については、嶋津さんという方が個人的に調査して記録していますが(PDF資料および Youtube の動画)、グッピーだけでなくソードテールやプレコも定着しているようです。

別の場所で採集していると、ハゼの仲間が取れました。

こっちはオスの個体

背鰭のふちに、きれいな発色が出てました。

こっちはメス

メスの方はお腹が黄色く膨らんできてた、たぶん卵を持っているのだと思う。
鰭の縁もエメラルド色で非常にきれい。

例によって、岐阜大の向井先生のハゼ図鑑でチェックしてみたところ、 生息環境など諸々から判断すると、キバラヨシノボリだと思っている。

関連する記事

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

新しい環境に慣れたか、エンパイアガジョンのオスがまた婚姻色を出すようになった。

現在、与えている餌はキャットを中心に、たまにクリーン赤虫をあげている。

赤色の発色が餌の量と強くリンクしていて面白い。この写真を撮ったのは、クリーン赤虫を与えてすぐ翌日、特にきれいに発色している状態。

前から見ると、こんな感じ。オデコも出ていかつい。

こんなイケイケの状態でも、二日ばかり餌の量をしぼると・・・
下のように体色の赤みがだいぶ落ちてしまう

調子の良い悪いのバロメータがはっきり見えるので維持しやすい。

とはいえ、きれいに保つには餌の量をたっぷりやらないと行けないのは問題だ。水草がコケやすくなるし・・・うーむ、あちらを立てれば、こちらが立たず。

 

関連する記事

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

昼下がりに何気なく水槽をのぞいたところ、水槽の中に赤鬼がいた

005

えーと、エンパイアガジョンのオスです。婚姻色が出て頭部がオレンジ色になってます。
最近、30cmキューブの濾過に60cmで使わなくなった外部フィルターを付けてみたら、とみに色が上がってたのですが。まさか求愛モードになってるとは・・・・・・

オスに比べたら、メスは地味です。 ↓

011

お腹と鰭にオレンジ色を呈色しますが、水質が悪いとあまりきれいに発色しません。

メスを見つけたら、ダッシュで接近するオス

008

扇のように鰭を丸く展開してメスにアピール中

025

メスも簡単には、OKしない。オスから逃げようと、方向を変える

018

メスと並走しながらアピールするオス。見てると、ストーカーのようにずっと後を追ってた

020

岐阜大学の向井先生のサイト「ハゼ図鑑」のタナゴモドキ属で、飼育下でのエンパイアガジョンの産卵行動について紹介していたので、うちでも行けるかと思ってたけど・・・産卵成功しても、来月には引っ越しなんだよなあ。困った

 

関連する記事

 

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

秋の温度変化で魚の体調を崩さないよう、ヒーターを準備してやらないといけない時期になってきました。とはいえ、夏の猛暑もおさまってきたので、アクアリウムやるには良い季節なんじゃないでしょうか。

また、ぼちぼち設備増強を検討しつつ、水槽の写真を撮ってます。

020

以前から雷魚図鑑のgonta036氏が撮っていらっしゃるような動きが伝わる写真を撮れたら良いとは思ってるのだけど・・・うーん、実際にやろうとしたら、ぶれまくりで焦点あわね。

いきなり挫折しそうだ

新入りのボーシャ・ヒストリオニカ。穴があったら、とりあえず潜る

012

シャッターのタイミングが少し遅かった

044

夏の夜の幽霊?

013

カメラにおさまるのが珍しいエンパイアガジョンのオス、でも背景がたいへん残念な感じに。

058

うまく行かん、不貞寝する

062

動きのある写真を撮るに、見た時には既にシャッターが押されてた的な反射が必要みたい。考えるんじゃなくて感じるんですね・・・あとはひたすら弾幕張るしかないよね。もう少し、やってけば慣れそうな気もする。

次がんばろー

 

関連する記事

 

エンパイアガジョンの水槽のクリップライトの球を交換した。

Panasonic のパルックボール スパイラル レフ形という商品。レフ形というのは背面にアルミ製の反射鏡が備えられたもので、今回購入したのは1500円くらいだった。狭い範囲を明るく照らすので水槽用にも向いているはず。実際アクア業界では、テクニカ同タイプの商品を販売している。で、使ってみた実感だけど。かなり明るくなった!

DP2sで撮影していると、シャッター速度が 1/20 ~ 1/30秒ほどで暗くて写真が撮れなかったのが、電球を交換してからは楽々撮影できるようになった。やはり、技術は偉大。

さて、ここからはエンパイアガジョンの写真を見ていただきたい。

emp_gajion05

光の加減で、瞳の色が青く反射して見えることがある。
食事前でぼへーっとしているところだから、あまり体色の赤が出てない

003

アカムシを餌やりしているので、水面近くに集まってきた
飼い主には慣れないが、アカムシをつまむピンセットには馴れたのか入れるだけで寄ってくる・・・

014

↓ 満腹状態になって気合いが入ってきたのか、鰭や喉に少し色が出てきた

023

発色状態のオス2匹。奥側のがボスっぽいけど、最近は手前の個体も発色するようになった。
今のところ、かじったりバトルをしている形跡はない

031

タナゴモドキはハゼっぽくない体型と言われるけど、こうして頭部から尻尾のラインを見ると、やっぱり小さくてもカワアナゴっぽい体格をしている。この写真は今回撮れた中でも、一番気に入ってる。鰭をもっとピンと伸ばしてくれてたら完璧だったんだけど。

emp_gajion06

やっぱり、きれいな写真を撮るには、何はともかく光がないとダメだなーと実感。
照明を変えるだけで、わりと満足できる写真が撮れるようになった。

 

関連する記事

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

6月が始まったばかりだけど今月の趣味のお金は、ほぼこれで飛んでしまった。

カワアナゴ科タナゴモドキ属の1種、エンパイアガジョン

empiregajon01

婚姻色の出たオスは鰭と体が真っ赤になるらしい。

2ペアで約10k円ほど・・・散財しすぎだなぁ・・・鰭が発色した個体をオスだと思ってチョイスしたのだけど、もしかしたらメスかもしれない。岐阜大の向井さんが提供しているハゼ図鑑によると、この仲間はメスも鰭に発色するらしいのですよね。

もう少し大きくなったらはっきりすると思うけど・・・

empiregajon02

一緒に購入したスネークヘッドは★にしてしまったけど、こいつらはちゃんと飼い込む!
アカムシと配合飼料を与えてるけど、食い付きはまったく問題なかった。ハゼの仲間は環境変わると拒食ったりするけど、そういうこともまったくなかったのでうれしい。

すぐに人馴れして、水面に落ちてくるエサを待つようになった

empiregajon03

少し、気になっているのはエラ周りが赤くなっているところ。これって水質が合ってなかったりすると、こんな感じに赤くなるのだよね。マメに水換えをして様子見るかなあ・・・・・・

 

関連する記事

 

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村


ページ

2017年8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気ブログランキング

人気ブログランキング

日本ブログ村

観賞魚ブログ