水槽と家具

Archive for the ‘生物学’ Category

インドでIUCNの絶滅危惧に指定されている種が、観賞魚として流通しているという記事が出た。しかし、そもそも輸入される観賞魚のどれが絶滅危惧なのかと言われても、アロワナやハイギョのような有名どころを除いて、よくわからない。
ここ数年、夏になるたびウナギが絶滅危惧になったという話題が出るが、アクアリウムのような趣味だからこそ、持続可能性には可能な限り、注意を払う必要があると思う。

そこで、
1、国内で潜在的に流通する可能性のある観賞魚をリストアップし、
2、IUCNのレッドリストでの評価状況を把握するために、調べてみた。

具体的には、熱帯魚アトラスに掲載されている淡水生の鑑賞魚について、IUCNのレッドリスト登録状況を調べてみた。IUCNのwebサイトで学名を入力すると、レッドリストの評価状況が表示されるので、これを使ってチェックする。調べた種の一覧はGoogle docs で公開した

以下は、得られた結果の要約

IUCN Red List 掲載状況の内訳(数字は種数を示す)
【絶滅】    EX:0, EW:1
【絶滅危惧】 CR:5, EN:21, VU:26
【低リスク】  CD:5, NT:12, LC:237
【その他】   DD:28, NE:485

熱帯魚アトラス(著、山崎 浩二, 阿部 正之)に掲載されていた種のうち、IUCNのレッドリストで確認できたのは820種あった。これに加えて、学名が不明なため、レッドリストで確認できなかった種が100種ほどあった。観賞魚業界では未記載種もしばしば流通し、必ずしも学名を特定した上で流通するわけではない。また、ショップが変わると、同じ学名の種が異なる流通名で呼ばれることもしばしばあるので、今回調べた国内流通名には不十分な点が残っている。

野生絶滅(EW)の種には、Ameca splendens(アメカ・スプレンデンス)というカダヤシ目の魚が1種含まれた。ただ、この魚は日本でほとんど市場流通してないと思う。少なくとも、自分は販売されているのを一度も見たことがない。英語版wikipediaでも、アクアリストによるストックも減少傾向にあると言われている。

絶滅危惧とみなされる、絶滅寸前(CR), 絶滅危惧(EN), 危急(VU)にカテゴライズされた魚種には52種が含まれた。ここには観賞魚としても有名で、インターネットでも容易に流通が確認できる種もいくつか含まれていた。
例えば、ドワーフボティア(ドワーフボーシャ)、ダニオ・エリスロミクロン、カイヤン、アジアアロワナなど。また、マダガスカルレインボーやコームスケールレインボーといったレインボーフィッシュも数種が含まれた。

データ不足(DD), 未評価(NE)の種は、513種が含まれる。
今回、リストの掲載状況を確認できた種のうち、60%ほどはこのカテゴリーに入る。今後、分布域や生息地の状況についての知見の集積に応じて、上記のいずれかのカテゴリに割り振られる種はさらに増えると推測される。

ドワーフボーシャのように日本国内で広く流通している種が、絶滅危惧に指定されているというのは驚いた。野生個体への採集による影響を最小化することを考慮するならば、ブリーディング(養殖)が保証された種か、軽度懸念(LC)の種、というホワイトリスト方式での選択をするのが望ましいだろう。もちろん、それだけが考慮すべき、すべてではないが。

広告

土日返上で実験用の撮影機材を準備してました。2005年くらいに購入したNikonのcoolpix の代わりに、新しいカメラを使うことにしたためです。使用するのは、PENTAX のW90という機種です。

後継機種のWG-1もそうですが、最短撮影距離1cmでのマクロ撮影可能なのは、小さな被写体を撮影する場合に便利です。防水性があるのと、オプションに赤外線リモコンがあるのも、良いですね。ただ、肝心の画質は非常にクリアとは言い難いのが微妙な感じですが・・・

既存のシステムを参考にしたので実作業は、設計1日、作成1日てところですかね。

うちの研究室はメダカの成長速度を比較したりしているので、1cm未満の稚魚を100匹単位で撮影したりします。なもんで、効率よく撮影できるようアクリルで撮影用のケースを自作するわけです。

魚を入れるためのケース(写真右側)は既存のものを流用するので、これに合わせたカメラ用の土台を作成しました。土台は作業中に、メダカのケースとの高さと距離を一定に保った状態でカメラを固定するためのものです。

こんな感じでケースをぴったりフィットさせて撮影します。

液晶部分もばっちりアクリル板で覆われてます。カメラの大きさに合わせて切り出したので、ガタつきもほとんどなく、ぴったり挟みこまれてます。

分解すると、こんな感じ。黒いアクリル板はカメラのレンズ部分が少し出っ張っているので、そこを周りと合わせて平らにするために付けています。

材料代はアクリル板や補強棒、接着剤などすべて合わせて3600円くらいですね。失敗した場合を考えて部材はかなり余裕を見て購入したので、使用分だけ考慮すれば、1000円かかってません。

関連する記事

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

10月から日本へ来たインドネシア人の留学生と一緒にやんばるを歩いてきました。山道で両生類・爬虫類を観察して、川でぶらぶら。

最近、ブログを更新してなかったのは、この日に川でカメラを水没させて凹んでたからです。一応、復活したので良かったですが肝が冷えました。でまあ、DP2sの遺作にならずに済んだので撮った動物を紹介します。

まずはイシカワガエル

沖縄県の天然記念物にも指定されている、宝石のようにきれいな体色のカエルらしいです。ライティングに失敗してすげー暗いです、撮り直した画像は手ぶれしてた・・・痛恨の失敗。

次は、ハナサキガエル

上のイシカワガエルと一緒に、山道の脇に流れる渓流の石上にいました。

シリケンイモリ、陸歩いてるけどヤモリではありません。

歩く姿がゴジラのよう、とインドネシア人に形容させたシリケンさん。
本州に分布するイモリと同じく、腹はオレンジっぽい赤です。

目の下の黒い隈どりが格好良い
リュウキュウアカガエル

前回のやんばる観察のときにも見かけたリュウキュウカジカガエル

警戒心が強いのか、捕まえておかないとあっという間にジャンプして逃げるので捕獲状態での撮影してます。今回の観察で、沖縄本島に在来で生息する両性類は、かなり網羅できた。

今度はぜひ、イボイモリを見たい。

オマケの甲殻類

これは、たぶんサワガニの仲間?オカガニではないと思うけど。サワガニの仲間だったとしたら、本州に分布するのとは別種らしい。

テナガエビの仲間

これをはしゃいで捕まえてたら、カメラを水没させてしまったわけである・・・いや、ほら久々に川入ってテンション上がってたし。まあ、反省。次回から、きちんとベルトに固定して使おうと思う。

両性・爬虫類の観察には、今年の夏にまとまって行ったので多少知識が増えたけど魚関係はまだ未開拓の領域が多い。海ならサンゴ礁魚類は未知の世界だし、川もまだタナゴモドキとか観察したことない。今後はその辺をおいおい見て回りたい

関連する記事

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

沖縄本島の北部へ川遊びに行ってきた。

胴長はいて岸辺をがさがさしてたら、思わぬ獲物が採れた

タメトモハゼ

えーと。たしかに沖縄に来たからには、一度は野外採集したいと思ってた魚種ナンバーワンですが・・・心の準備がまったくできてなかったせいで感動も何もありませんでした!なんか損した気分だな。

それはともかく、体長20cmはある立派な個体でした。もう少し小さいサイズの個体が採れたら、一度は飼育にチャレンジしてみたいなあ・・・

他にも何種類か採れた、ただし純淡水魚はいなくて汽水魚ばかり。

この辺はニシン目の魚だと思うけど、同定してないので種は不明。そのうち機会を見つけて勉強しないとなあ。いつまでも「ニシン目の魚」のままで分からないのは困るし。図鑑でしか見たことない種類ならともかく、実際に手に取って見れる魚が同定できないのは悔しいし。

ボラの仲間も同定が難しい。

クロダイの仲間、鰭の色からして普通のクロダイじゃないのは確かだけど、沖縄には他に数種類いるからなあ。採集に行くたびに初めて見る魚と会えるのは楽しいけど、同定まできちんとやるのは、なかなか骨が折れる。


これも採集したのは初めての分類群、ヨウジウオが2種類。吻長がぜんぜん違うね。この仲間は形態的に個性的なのが多いので、写真からでも同定できるかもしれない。

沖縄は河川が短いせいで純淡水魚が少ないのだけど、今回採集した魚もすべて河川と海を行き来するタイプの魚ばかり。

関連する記事

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

やんばるでの両生類・爬虫類の観察実習の残り。今回は両生類。

自分で撮ってなんだけど、どこにいるか分からん・・・ピントも合ってないし。一応、真ん中にヒメアマガエルが写ってます。

こちらは、リュウキュウカジカガエルのペア。上に乗った黄色い方がオス
この仲間は、甲高い声で鳴く。近縁種にあたる本州のカジカガエルは、江戸時代にはスズムシのように鳴き声を楽しむために飼育されていたそうな。

沢伝いに歩いてると、水中に潜っているのを見かけた。

このナミエガエルは、握りこぶしよりも大きい立派なサイズの個体。
県指定の天然記念物だが、指定以前は薬用など食用にされていたらしい。

ホルストガエル、これも結構でかかった。本州のダルマガエルよりまだ一回り大きい。沢の砂地にすり鉢状の穴を掘って産卵する習性がある。今回はそれらしい穴は見つけたけど、オタマジャクシは見られなかった。

沖縄に分布する両生類には、他にもシリケンイモリやイボイモリが分布している。シリケンイモリは2回見かけたのに、撮影するのを忘れてた・・・今度、見つけたらまた撮影しよう。

オマケ
沢で見かけたホウオウゴケの仲間。

今回、歩いた沢は、倒木+石+コケ+シダと天然のアクアテラリウムが形成されてました。上のような株がゴロゴロ生えていて採集するか悩みましたが、今回は見送りました。昼間に歩いてれば、風景も撮ってこれたんですけど。

あいにく両爬が出歩く夜に行ったので、上のようなマクロ写真で限界です。

沢の中は、テナガエビとヤマトヌマエビがうようよ。沖縄には多くの種類のエビが分布してるので、いずれはそれらも採集して撮影したいと思います。エビの同定も今は全然できないので、これを機会に勉強したいですな。

関連する記事

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

共同でゼミをやってる爬虫類屋の研究者達と一緒に、やんばるへ行ってきた。
学生実習も兼ねていて、沖縄の両生類・爬虫類を観察しようという趣旨。

まず、名護の市街地で見つけたアオカナヘビ。

日本のトカゲの仲間は地上性が多いけど、こいつらは草や樹に登って生活するらしい。
夜、寝てるときも葉っぱの上にいる。

夜行性の捕食者の襲撃は想定してないのか、ライトで照らしてもじっとしている。

これは、オキナワトカゲ。頬に赤い色が出てるから、オスだろうか?

本土にいるニホントカゲの場合、オスは婚姻色で頬が赤くなる。
このトカゲは、ミルワームを餌にして釣られていた。トカゲを釣るというのは、研究者にはよく知られた採集方法らしいけど自分は今回、初めて見た。

ピントが甘くて非常に残念な写真だけど、キノボリトカゲ。
他のトカゲとは違ってイグアナに近縁なアガマ科に属する。なので顔付きがだいぶ違う。

これらのトカゲ類は道路脇の草むらを歩くだけで、わりあい簡単に見つかった。

とはいえ、全国的に個体数は減少傾向らしい。特に、離島はマングースやネコ・イタチなどの捕食者の侵入が大きな影響を与えている。沖縄本島の中南部に関して言えば、都市化が進んで生息適地が分断化されたのが、それに拍車をかけてそうだ。


ヤモリ2種類。うーん、説明を聞いたのにどっちがどっちだったか忘れてしまった。確か、和名はミナミヤモリとオキナワヤモリだったような・・・これらは、背中の模様で判別できるらしい。
沖縄には、他にホオグロヤモリとオンナダケヤモリもいる。

写真の量が多くなってきたので、両生類はまた次回に。

関連する記事

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

沖縄の浜辺に行くと、ごろごろ転がってる塊。

オカヤドカリです。

写真には映ってませんが、倒木の影にじゃらじゃらいました。あまりに数が多すぎて、まったくありがたみはないですが一応、天然記念物に指定されています。無許可で捕獲すると文化財保護法違反で罰せられますので気をつけましょう。

沖縄に来るまで、オカヤドカリというと一種類だけなのかと思ってましたが、国内でも7種くらい分布してるそうです。ここの浜では、普通のオカヤドカリにナキオカヤドカリ、ムラサキオカヤドカリを見つけました。

これは普通のオカヤドカリだと思う・・・

こっちはたぶん、ナキオカヤドカリ・・・写真で絵合わせしただけだから、どうも不安。

陸上生活に適応してるだけあって、動きはかなり素早い。正面から撮影したかったのに、動きまわるので結局ブレて使い物になる写真が撮れませんでした。

しかし、ニョキニョキ貝から足が出て走りだすのを見てると、実写版トランスフォーマー思い出すなあ・・・

関連する記事

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

タグ: ,

ページ

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

人気ブログランキング

人気ブログランキング

日本ブログ村

観賞魚ブログ