水槽と家具

Posts Tagged ‘京都

生態学会の最終日に時間を作って、京都水族館へ行った。今年の3/14にオープンしたばかりの真新しい水族館。海のない京都で水族館というのも、不思議な感じだけどね。

中に入ると、最初は大きなアクアテラリウム水槽が展示されていた。
京都を流れる鴨川の流域をイメージした水景で、オオサンショウウオが目玉。

テラリウム部分はこんな感じ。

次は、水中を見てみる

渓流風の石組の中をアマゴが泳いでいる。

よく泳ぎ回るので撮影は難しいかと思ったが、案外うまく撮れた。というのも、縄張りを作って同じ個体が一箇所にずっと定位しているからだ。他の個体が侵入すると追い払って移動するが、しばらく待ってると同じ場所に戻ってくる。

話に聞いていた定位行動を実際に観察できたのは、興味深い。

同じ水槽にニゴイもいたけど、アマゴに追い回されて隅でじっとしていた。

傷ついてる個体もちらほら。サケ科の魚と混泳は難しいだろうな。オープンして間もないから、まだ見れる状態だけど。 あと数ヶ月経つと、ボコボコで痛々しい状態になってそう・・・

長期維持が難しい展示の組み合わせってのは、こういう施設だとあまり良くないと思うんだけどなあ。

で、これがこの水槽のメイン。オオサンショウウオ (Andrias japonicus)
この個体は岩の隙間にもぐりこんで、足と尻尾だけが見えている。

基本的に夜行性なので、昼間はあまり動きまわったりしない。

オオサンショウウオの全身見るのは難しいかな、と思っていたら、サービス心旺盛な個体がうろうろ出歩いてくれていた。この水槽には、5〜6匹のオオサンショウウオが入っていた。

 

関連する記事

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

広告

固定ページ

2018年7月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

人気ブログランキング

人気ブログランキング

日本ブログ村

観賞魚ブログ
広告