水槽と家具

Posts Tagged ‘水族館

京都水族館の写真その3。

大水槽を通過すると、珍しい種類や熱帯性の魚が個別飼育された展示コーナーがある。
その一角に、海産無脊椎動物も展示されていた。

イセエビと同じ仲間のニシキエビ

この写真だと大きさが伝わらないけど、体長は大人の腕くらいある。でかい

国内でも何カ所か飼育してるところがある、オウムガイ

生体を見るのは、初めてだったのでテンション上がった。

こやつら近い仲間のイカ・タコに比べると、圧倒的に動かない。背景が真っ黒なのもあって、ここだけずっと時間が止まっているかのように、ただ浮いてる。

ミズクラゲが大量に浮かんでいる水槽は、幻想的な光景。
ミズクラゲ自体は、決して珍しい生き物じゃないけど展示のセンスが光る。

これはたぶん、カサゴだったと思う。くりくりの目玉がかわいらしい

独特な体型のマツカサウオ。生体発光したりといろいろ特色があって、あちこちの水族館で飼育されてるんだけど、自分はいまいちこの魚の魅力がよくわからぬ。

イシガキダイが海藻にくるまって、泳いでた。
これ、ホンダワラかな?

展示をすべて抜けると、最後は喫茶スペースがあってその前は和風庭園になっていた。とはいえ、植栽された木は十分に育ちきってなく、棚田にはまだ何も植えられてない。オープンしたばかりの水族館でまだまだ未完成な部分もあるけど、一年くらいしたらまた遊びに来て変化を楽しむのも良さそうだ。

 

関連する記事

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

京都水族館の写真その2。

今回紹介するのは、アクアリウムとしてはメイン展示になるはずの海水大水槽。
1 〜 2 階を吹き抜けにして作られてる水槽なので、開放感がある。

天井のライティングが良い感じ。タカサゴの群れが泳いでいる

水底にはハタ科の魚が何種か泳ぎまわる。上はクエで、下はアカハタかな?
大水槽はいろいろな魚がいるのを探してみて回るのが、楽しい。

他にもいたけど、写真に撮ったのはこれくらい。


水槽前で待っていると、館員のダイバーさんが餌を配って回ってた。
こういうアトラクション盛り込むのもアリかもね。

関連する記事

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

生態学会の最終日に時間を作って、京都水族館へ行った。今年の3/14にオープンしたばかりの真新しい水族館。海のない京都で水族館というのも、不思議な感じだけどね。

中に入ると、最初は大きなアクアテラリウム水槽が展示されていた。
京都を流れる鴨川の流域をイメージした水景で、オオサンショウウオが目玉。

テラリウム部分はこんな感じ。

次は、水中を見てみる

渓流風の石組の中をアマゴが泳いでいる。

よく泳ぎ回るので撮影は難しいかと思ったが、案外うまく撮れた。というのも、縄張りを作って同じ個体が一箇所にずっと定位しているからだ。他の個体が侵入すると追い払って移動するが、しばらく待ってると同じ場所に戻ってくる。

話に聞いていた定位行動を実際に観察できたのは、興味深い。

同じ水槽にニゴイもいたけど、アマゴに追い回されて隅でじっとしていた。

傷ついてる個体もちらほら。サケ科の魚と混泳は難しいだろうな。オープンして間もないから、まだ見れる状態だけど。 あと数ヶ月経つと、ボコボコで痛々しい状態になってそう・・・

長期維持が難しい展示の組み合わせってのは、こういう施設だとあまり良くないと思うんだけどなあ。

で、これがこの水槽のメイン。オオサンショウウオ (Andrias japonicus)
この個体は岩の隙間にもぐりこんで、足と尻尾だけが見えている。

基本的に夜行性なので、昼間はあまり動きまわったりしない。

オオサンショウウオの全身見るのは難しいかな、と思っていたら、サービス心旺盛な個体がうろうろ出歩いてくれていた。この水槽には、5〜6匹のオオサンショウウオが入っていた。

 

関連する記事

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

先々週になるけど、大学を訪れた先生の来客と一緒に美ら海水族館へ行ってきた。
この水族館を見に行くのは、今回が2回目。

今回はこのあとに瀬底の臨海実験所にも行く予定だったので、足早に見学した。

ここの展示で有名なのは、この超巨大なアクリル水槽。
ジンベイザメとマンタが同居してる、マグロもいたよ

ここまでの規模とは言わないけど、こういう部屋いっぱいの水景を作ってみたいとアクアリストなら一度は夢に思うんじゃなかろうか。

地味にきれいだったのが、このアオリイカ。

陽光を反射して、UFOのように虹色に光ってた。
でも、イカの飼育は難しいらしい。

こういうの見てると、海水飼育にも手を出したくなるなあ。ただ、海水はランニングコストが高いんだよねえ。水質維持しようと思ったら、海まで水汲みに行くか、人工海水の素を買うかしないといけない。

まあ、まずは今の水景を完成させる方が先だなあ。


ページ

2017年8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気ブログランキング

人気ブログランキング

日本ブログ村

観賞魚ブログ